大型マンションのエントランス部のフロアヒンジ交換

いつもお世話になっております、相原商店です。

先日大型マンションのエントランス部にある扉のフロアヒンジの交換に行って参りました。

フロアヒンジの交換は、必ず一度現調をしてからでないと「単純に交換なのか?弊社では行えない工事なのか?タイルの絡みが大丈夫か?枠が錆びたりしていて扉が外れない等はないか?」と色々有り、概算でもお見積りが出せませんので、ご相談頂いた際はまず最初に概算見積りよりも現調の日程からご相談下さいませ。

なお、こちらは現調した際に埋め込みケースは既存のままで使用出来て中身のみの交換で済む事が分かりましたので、交換工事のみとなりました。

埋設後、ケースの蓋をしっかりとコーキングして雨仕舞いを行い、扉の立て付けを調整して作業完了となります。

フロアヒンジのよくあるケースは、油漏れで油圧が効かなくなり故障する場合と、雨が入り込んだりして物自体が錆で腐食したりケースが腐食して立て付けが悪くなって交換になったりします。
そうなると一度ケースの蓋を開けて中身を見てみないと、品番だけ分かってもその先の症状が見えない限り概算のお見積りを出す事が困難なので、ご相談頂く際はまず最初に現調依頼からご相談頂ければと思います。

 

最後までお読み頂き誠に有難うございました。

ご相談・お見積もりはもちろん無料! TEL 044-844-0018 受付時間 7:00 – 17:00 (日・祝日除く)

Follow me!