いつもお世話になっております、相原商店です。

先日マンションエントランス部のフロアヒンジの交換に行ってまりました。
今回は現調した際に埋め込まれたケースが錆びていたのでケースからの交換になります。

まずは養生からスタートです。

まず既存の位置を残し中のケースを取り出します。
この際に周りのタイルが傷がつかない様にする事が非常に大切です。

ケースが外れたら、下の部分のコンクリートをはつりケースの納まりが良くなるまで古いコンクリートを除去していきます。

埋め込み位置・高さなどがしっかりと合ったらコンクリートを打設していきます。
こういった場所は住人の方の出入りが激しい場所ですので、速乾性の高いモルタルをしようします。
ゆえに入念に確認してから打設しないと再度外す事になった際は大変な思いを強いられます(笑
打設後周りに付着したコンクリートを拭い、キレイになったら固まるのを待ちます。大体30分もみれば固まります。

場内の清掃をし手作業の完了となります。

今回はヒンジメーカーさんの手違いで当初埋め込みケース付きが来るはずがケース無しで来てしまって一瞬冷や汗をかいたのですが、問屋さんが予備のケースを見つけて持ってきてくれたので完成までにじかんはかかってしまいましたが何とか解決しました(汗

弊社ではマンションの通用口や機械室・ポンプ室、様々なエントランス部に使用されているフロアヒンジの交換を行っております。
さすがに埋め込み方が特殊過ぎる物に関しては取り扱っておりませんが、交換を想定して作られている物に関しては対応しておりますので、ヒンジの事でお悩みでしたら是非一度ご相談くださいませ。

最後までお読み頂き誠に有難うございました。

ご相談・お見積もりはもちろん無料! TEL 044-844-0018 受付時間 7:00 – 17:00 (日・祝日除く)