皆さんは、おうちの窓に使われているガラスの種類をご存知ですか?
建物の窓に使われているガラスには、「採光」や「透視」さまざまな機能があり、「防犯」「防災」「省エネ」等お部屋の目的に応じた機能ガラスが使われています。

フロートガラス / 透明ガラス

最も一般的な透明のガラスになります。
厚みは2ミリ~12ミリまでご用意しております。

型板ガラス

型板ガラス

片面はツルツルで、もう片面はザラザラしている。
視線を遮る機能を持っています。

網入り透明ガラス

透明ガラスにワイヤーを封入したガラス。破損した際も破片が飛び散りにくくなっています。

網入り型ガラス

網入り型ガラス

型ガラスにワイヤーを封入した表面がザラザラしたガラス。破損した際も破片が飛び散りにくくなっています。

網入り菱ワイヤー

網入り菱ワイヤー

「網入り型ガラス」のワイヤーが垂直なのに対し、「網入り菱ワイヤー」はワイヤーの角度がサッシに対して斜めに入ります。最も一般的な透明のガラスになります。
破損した際も破片が飛び散りにくくなっています。

すりガラス

すりガラス

白く曇った様なガラスになります。
片面はツルツルで、もう片面は少しだけザラザラしていて、濡れると透明っぽくなるのが特徴です。