いつもお世話になっております、相原商店です。

ここの所非常に多いお問い合わせで、新規でお問い合わせ頂く業者様もいらっしゃるかと思いますので改めてご案内させて頂きます。

そのお問い合わせ内容ですが…
現調に伺わせて頂いていない状態で「概算で良いの金額を出して欲しい」「急ぎで欲しい」この旨のお問い合わせが非常に多く困っております。

がいさん(概算)とは、厳密ではない大まかな数字を使った計算のこと、および、その計算結果のこと。つまり、大体の(ざっくりとした)計算結果のこと。端数は省略されることが多い。


概算とは読んで字の如くこういった意味です。あくまでも「仮の物」と言う事ですので概算の内容は減もあれば当然増の場合もございます。

概算でお出し出来る物には限りがございます。
主に「ガラスの交換や網戸張替やドア箱錠・クローザー・握手の交換程度」等です。

それ以外の物は現調をしていない状態で概算を出すのは非常に難しいので、今後は現調依頼からお願い致します。

ではなぜ現調していないと算出が難しいのか?をご説明させて頂きます。
現調をしていない状態で「概算で良いので」と言われて出した見積もりが通った後に「ヒンジ交換だけのつもりが、枠がダメだったので枠に加工が必要だ。床面のタイルの付き方が良くないので張り替えないと扉が擦ってしまう」となったら当然その追加予算はオーナー様から出る事はありません。

そうなるとどこからもその費用は出ず、現調に行かせて頂けなかったのに「もうあれで見積もり通ってしまったので御社でお願いします」という頓珍漢な事を仰る方も稀に居ります。

そう言ったご説明をさせて頂くと中には「そこも含めて多めに見積もってくれれば良いじゃないですか?」と言う方がたまにいらっしゃいますが、見積もりを出すのはコンピューターではありませんので、その分どういったケースがあるか?を幾ケースも想定し算出しなければなりません。
また現場の仕様は現場によって違います。

現場の状況を見せて頂けていない状態で、そしてその現場の分からない状態で、色々調べて金額を算出するスタッフが居ます。メーカーにも確認する場合がございますので、当然時間がかかります。

そんなに突然急いで頼まれたのでしょうか?現調する段取りを忘れていたのでしょうか?
「急ぎで知りたいです」「現調なしで急ぎで概算お願いします!」「ザックリで良いです!」「まだですか?客が急いでいるんです」
皆さん決まってそう仰ります。

先ほども記載しましたが、「ガラスの交換や網戸張替やドア箱錠・クローザー・握手の交換程度」であれば、ザックリでお出しする事が出来ますが、「ヒンジ・鉄扉・PS扉・ドアや窓のカバー工法・内窓・門扉等」は現場の状況が全てになります。ただ交換するのではなく状況に応じた加工・施工が必要になるケースが多いのです。

「どういう状態で、どういう風に付いているのか?埋まっているのか?干渉しそうな部分は無いか?実際に現調したら弊社での工事が難しいのお断りする場合がある」等様々なケースが現場ごとに存在します。もちろん何事も無い場合もございますが、それが分からない状態で「金額を出して欲しい」と言うのは、「目隠しをして将棋盤の上の駒を大体で良いから並べて欲しい」と言う事を言っているのと同じかと思います。
また皆様に置かれましても弊社から「現場の状況や現状の在り方」を確認した際に「自分はサッシ屋ではないので見ても詳しい事は分からないので…」と仰いますよね?

弊社でも御社でも状況が分からないと言うのは非常に難しい事と思います。

現調していないで色々なケースを想定して調べて時間をかけて概算を出して見積もりが通った後に「ひとまずこの間の見積もり、多めに出してもらったのであの中で行けますよね?じゃあ正式な金額お願いします」と仰られる方が居りますが、そこから弊社はようやく現調に行き、そこでようやく最終的な金額を算出する訳です。そうなると見積もりを二度に渡り行う事になります。そしてそこから更にメーカーへの確認が入りますので(概算提出時から日数が経つとメーカーの希望価格が変わる事が多々あるからです)当然工事への着工もその分遅くなります。

ですので、今後はそう言ったケースはお断りさせて頂く場合がございます。
もしお急ぎなのであれば、まず現調のスケジュールの段取りをお願い致します。もしくはそれでも概算で見積もりが欲しいのであれば内容によってですが「未現調時の概算見積書作成費用」が発生する事がございますので、その都度ご相談頂ければと思います。


また新規お取引希望業者様に置かれましては、お取引開始からしばらくの間は「商品発注前にご入金頂いてからの発注となります」ので、予めご了承ください。


皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解・ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

敬 具

 

令和4年9月13日
有限会社 相原商店
代表取締役社長 相原 岩雄