いつもお世話になっております、相原商店です。

先日住宅の大きなガラス工事に行って参りました。

幅は2.4m、高さは1.8mくらいの網入り、ガラスの厚みは10mmです。
もし同業の方がこれを見ていたらきっと「うぉおーーー!!」と吠えると思います(笑

そうなんです、このガラス物凄く重くとてつもない上にサイズが大きく、ガラス屋泣かせでもあり、腕の見せ所の一枚なんです。
一般的な住宅のガラスは大体5mmや6㎜程なので、それと比べると分かり易いですね。

ガラスを固定しているコーキングを切り取り四人がかりで枠から外します。
このサイズは外して一旦どこかに置いておく事も出来ないので、そこからトラックの荷台まで一気に運びます(汗

そしてトラックに積んであった新しいガラスに。
この作業の一番難しい所は、何といっても枠に収める瞬間。
上に上げ過ぎると枠にぶつかり割れたり、左右のバランスを調整する時にどちらかにずらし過ぎると枠にぶつかり割れたりと地味に危険が待ち受けています(笑

が、そこは相原商店。当然ガラスのプロですのでなんの問題もなく収める事が出来ました。

主な作業時間は、2時間少々となります。

最近網入りガラスの熱割れ交換から、網なしのガラスに変更したいと言うご相談・ご依頼も受けます。
場所によっては防火の問題もあり網入りでないとダメな事もあるのですが、変更可能な窓の場合網なしのスッキリとした見た目もお勧めしたいです。

現調・お見積りは無料ですので、気兼ねなくご相談くださいませ!

最後まで読んで頂き、誠に有難うございました。