いつもお世話になっております、相原商店です。
今日はデパートなどのスタッフ通用口のドアの交換のお話を。

デパート等のこのタイプのドアは、スタッフさんの出入りが物凄く多いので、ドアクローザーのオイルが漏れ油圧が利かなくなってしまったり、握手が回らなくなったり、ドアのヒンジ等がへたり戸先が落ちて地面に擦ってしまい、ドアが本来の機能を満たしていない事があります。

様々な原因で本来の機能が損なわれ、本来であれば片手で開けられるドアも重くなっていたり、開閉の度に異音がしたりと言うケースが挙げられると思います。
今回のケースは、ドアの収まりが悪くなって来たのでまだ使用できている内に「毎日スタッフの使用する物なので、本来の快適な使用感を取り戻したドアに交換したい」と言うご依頼でした。作業はサンダーと言う金属を切る工具を使用したりする為、スタッフさんの出入りのない深夜帯での作業となりました。

img_4426

まず工事前の写真になります。
上部左側のドアが交換対象のドアですが、ピボットタイプで吊っているドアの収まりが若干悪くなっており、ピタリと閉まらない状態になっております。
ドアクローザーは現状の物を利用するとの事でしたので、この状態からまずドアを外し鍵やクローザー、ドアに張り付いているステンレスのプレートなどを外します。

今回はカバー工法ではありませんが、既存の物がピボットタイプでドアを吊っていたのですが、その方式から左の丁番側の枠を加工してフラットバーを取り付けドアを施工しました。
下の写真がフラットバーと言う物になります。

img_4431

簡単に言うと既存の枠の中にフラットバーを設置して、新たな丁番取り付けると言う事です。
フラットバーを設置した後は、新たなドアを移設する為に外した部品を付けて完了です。
以下が仕上がりのイメージなります。

img_4428

img_4429

内側はこの様になっております。
写真を見ると左側のドアは元々のピボット式、右のドアはフラットバーを施工して丁番式になっているのが分かり易いかと思います。

この後は塗装屋さんが入り、後日同じ色に塗り替えて作業は完了となります。

今回は普段からお世話になっている株式会社 MITAMURA様からのご依頼でした。
誠に有難うございました。